JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機構)研修会 in 京都

3月24日は、JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機構)の平成30年度第3回研修会が開催されました。
場所は京都です。
年3回行われる研修会のうち1回は、公開講座として会員以外の方々も受講できます。今回も総勢100名を超える大きな研修会となりました。








この度のテーマは「男性不妊のAtoZ」です。

なかなか妊娠に至らない状況には、男性にも半分の確率で要因があるとされています。

鍼灸治療には、多くの女性が不妊治療を受けにお越しになります。
しかし、そのうち何割かは男性の方が治療すべき状態の方もいらっしゃいます。


研修会では、まず本会の『チームスパーム』による「明日から活かせる男性不妊鍼灸」の発表がありました。
昨年度、我々はテーマごとに7つのチームに分かれ、そのテーマを一年かけて研究していく、というプロジェクト学習をしました。その中で、一番興味深かったチームが男性不妊をテーマとした『チームスパーム』の研究発表でした。
今回の発表のために、さらに分かりやすくまとめられた講演内容でした。

その後、本会外部監事の伊佐治先生より、「鍼治療による精液所見の治療効果〜根拠に基づく男性不妊治療を確立するために」について聴講致しました。データから読み取れるものの解釈を学ぶことが出来、大きなお土産を持って帰ることが出来ました!

昼食時には、本会会長中村先生による「鍼灸院における精子観察の実際と全症例報告」を聴講しました。中村先生は、鍼灸院で精子観察をもされます。その貴重なデータと症例を発表されました。鍼灸院でのデータだけでなく、病院でのデータも織り交ぜた鍼灸効果に対して信憑性の高いデータ内容でした。


あっという間に午後の部に入り、午後からは外部より講師をお招きして学習しました。


最初は広島大学教授の島田昌之先生「精巣・精嚢腺と精子の酸化ストレス〜それぞれの誘導因子と妊孕力との関係」と題したお話でした。精子の動きのメカニズムや、その動きによる受精への影響など沢山の新しい知識を頂きました。


その後、健康科学研究所所長の井上正康先生から「はるかなる命の旅:現代の生殖医療と21世紀病の逆襲」と題したお話を頂きました。大腸菌を整える事、それが脳腸相関により身体の神経伝達系から自律神経、また免疫にも影響を及ぼします。身体の内部環境は、妊娠するためだけでなく胎児の内部環境においても大切です。
井上先生のご講演は、前週のレーザーリプロダクション学会でも聴講をし、復習出来た点もたくさんありました。



前述したように、今回は公開講座だったので一般鍼灸師もたくさんお見えになっているなか、鍼灸学校に通っていた時の仲間も来ていました。とても懐かしく、そして久々に元気な顔が見れてうれしかったです☆

春の京都散策が出来ず残念でしたが、うれしい再会もあったので足取り軽く帰りました♪

あとは、学びの復習にしばらく追い込まれそうです(笑)。今回も内容が濃かったので時間がかかりそうです。







4月に入ると、新元号も発表され、GWのことも考え…時間に追われる方も多いと思います。
桜も満開に向けまっしぐらです(笑)。
置いて行かれないように、でも身体の変化に耳を傾けることは怠らないようになさっていただきたいと思います。
特に春は草木の芽生える季節なので、エネルギーがみなぎっています。人間においても頑張りすぎる人が増えてしまう季節です…。




純はりきゅう院HP









純はり・きゅう院 | - | 21:55 | comments(0) | - | - | - |

第14回日本レーザーリプロダクション学会

先日の日曜日は福岡県にて「日本レーザーリプロダクション学会」が開催され、参加してきました。





この会は、生殖領域におけるLLL(低出力レーザー)の有用性を学ぶ会です。
当院でもスーパーライザーという機械を頻用していますが、これもLLL(低出力レーザー)と同様に生体内の血液や水分に弊害されることのない光を照射できる優れものです。

このLLLが生殖医療の現場で使用されることで、胚盤胞到達率の上昇、末梢血流量の増加(冷えの改善)など喜ばしい報告もなされています。



生殖医療のみならず、当院内ではたくさんの主訴に対して使用しています。神経症状やヘルニア症状、頑固な肩こり症状、最近では三叉神経痛(顔の痛み)や顔面神経麻痺(顔の麻痺)が快方に向かっています。

もちろん鍼灸師なので、鍼灸へのこだわりはありますが、併用するアイテムもとても重要と考えます。

学会に参加して、知識を深めることができたと思います。



学会の最後には、公開講座として免疫学者の藤田紘一郎先生から腸内細菌と免疫のお話を聴講しました。その後JR九州の唐池恒二代表取締役会長から豪華列車「ななつ星」の実現、九州新幹線全線開通時の感動的な話を聴講しました。
情熱の「気」をお二人からたくさん感じ取ることが出来ました。



充実した学会の後には、同ホテル会場内で懇親会がありました。



イベントとしてマグロの解体ショーがあり、盛り上がりました!!



解体されたマグロはその場で鮨と刺身になりました☆
テンション上がりまくりです☆



赤身、中トロ、大トロ…と堪能していて、他のオードブルも頂こうと思ったら…大皿空っぽでした(笑)。
マグロに夢中になり過ぎたと大爆笑してしまいました。

しかし、ケーキは残っていたので良かったです♪





来週は、京都でJISRAM研修公開講座があります。
二週連続で学ぶ機会をいただいていることに感謝したいと思います!




純はり・きゅう院HP➡https://junhariq.com/

純はり・きゅう院 | - | 17:53 | comments(0) | - | - | - |

お茶をテーマに

久しぶりに会う友人と、出かけてきました。
お互いの近況報告も兼ねた楽しいおしゃべりが、いつも一番の目的です。そこに美味しい食事やイベントを加えて、楽しい時間をいただいています!

今回は、友人が「行きたい」と言っているカフェと、私が「行きたい」と思っている美術館の催しが、偶然にも「お茶」であったため、結果として「お茶」をテーマにしたお出かけとなりました。




出光美術館で開催中の楽焼茶碗を興味深く拝見しました。知識豊富な友人の解説付き☆♪
全く無知な私には、焼物・器の世界は奥が深すぎて分からないことだらけでしたが(笑)、理解出来ずとも知識の引き出しに入れておきたいことはたくさんありました☆


展示されている茶碗を見て、「こんな抹茶茶碗が欲しい」とか「この色もいいよね」とか言った後に、その余韻を引きずったままカフェに向かいました。
和カフェ「茶論」というお店です。





狭い路地にある古民家カフェでした。

店内は小さなお庭を眺めたりできて、落ち着いた雰囲気のお店でした。








注文したのは、もちろん「抹茶セット」で(笑)。(和菓子は「春告げ鳥」をチョイス)





細かいところにまで気を配った日本独特な分化に触れて、いかに自分が雑な生活を送っているか…ちょっと反省です(笑)。
もう少しだけでも丁寧な生活を心がけようと思います☆




3月に突入しました。慌ただしい時期です☆

最近は、腰痛患者さんが多くお見えになります。

痛い部位が腰であっても、どんな痛みか、どんな動きで痛くなるか、動かさなくても痛いか、お尻から足にかけてまでも違和感が生じるか…など症状は様々です。

「いつもと違うな」という感覚には、悪化する前に早めに対処されることをお勧め致します。
違和感を放っておくと、次第にその感覚に慣れを生じてしまい、次に違和感を感じる時は更に悪化させた状態になっています。それを繰り返すことで慢性的な痛みを持つことになります。この悪循環は早めに断つ方が良いと考えます。


当院でも扱っていますが、お灸をするのも予防には良いと思います。





純はりきゅう院HPはコチラ
純はり・きゅう院 | - | 12:22 | comments(0) | - | - | - |
1/73PAGES | >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH