スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

令和元年 ゴールデンウイーク

「令和」に突入しました。
生前退位による元号改正は初めての事なので、心持ちに戸惑いを感じました。…が、とりあえず年明けのようなオメデタイ雰囲気で元号明けをしました(笑)。

ゴールデンウィークも10連休あり、各地でお祭りが開催されていたので、たくさんの方が楽しい思い出を作られたことと思います。また、休日が長いことで、普段後回しにしていたことや気になっていたことに目を向ける良い機会にもなったのではないでしょうか?

私は…というと、3〜5日をゴールデンウィーク休みとし、昨年から行きたいと思っていた「有田陶磁器祭り」に行ってみました。翌日も休みだと思うと、少々の疲労感には恐れず挑めるのが不思議です。

歴史ある有田焼はとても人気が高いので、活気溢れていました。




地元の高校生が有田焼の椀を楽器にして、曲を演奏してくれました。その曲をBGMにアイスコーヒーを飲んで休憩♪そして、飲んだ後の空のタンブラー(もちろん有田焼)はそのまま持って帰ることが出来ます。

タンブラーは三種の絵柄があり、私が選んだのはコレ↓




更に別の店では焼きカレー器付きというメニューがあり、そこでも器を持ち帰れます。



選んだ器↓




こういった特典はとてもうれしかったです☆



少し路地に入ると、



トンバイ塀を発見!窯の廃材や陶器の欠片などを固めて作った塀です。焼き物の町という雰囲気漂う通りです。

陶石採掘場である泉山磁石場にも行く予定でしたが、時間も体力も余裕が無くなってしまいました…。


ゴールデンウィークが終わったら、当院のミディ胡蝶蘭が咲き始めました!
「幸福の飛来」という花言葉があります。
蝶々のような花が、皆さんをお迎えしています☆




紫外線をきつく感じ始める時期になってきました。
日光を長時間浴びることで、眼精疲労の原因となることもあります。
目の周囲の鍼はためらいがちですが、鍼治療で血流をよくすると顔が軽く感じられスッキリしますので、お困りの方はお気軽にお申しつけください。


純はり・きゅう院HP
純はり・きゅう院 | - | 12:47 | comments(0) | - | - | - |

ゴールデンウイークのお知らせ

暦の上では大型連休となりますが、
当院では5月3日、4日、5日をお休みさせていただきます。

よろしくお願い致します。
純はり・きゅう院 | - | 09:54 | comments(0) | - | - | - |

JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機構)研修会 in 京都

3月24日は、JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機構)の平成30年度第3回研修会が開催されました。
場所は京都です。
年3回行われる研修会のうち1回は、公開講座として会員以外の方々も受講できます。今回も総勢100名を超える大きな研修会となりました。








この度のテーマは「男性不妊のAtoZ」です。

なかなか妊娠に至らない状況には、男性にも半分の確率で要因があるとされています。

鍼灸治療には、多くの女性が不妊治療を受けにお越しになります。
しかし、そのうち何割かは男性の方が治療すべき状態の方もいらっしゃいます。


研修会では、まず本会の『チームスパーム』による「明日から活かせる男性不妊鍼灸」の発表がありました。
昨年度、我々はテーマごとに7つのチームに分かれ、そのテーマを一年かけて研究していく、というプロジェクト学習をしました。その中で、一番興味深かったチームが男性不妊をテーマとした『チームスパーム』の研究発表でした。
今回の発表のために、さらに分かりやすくまとめられた講演内容でした。

その後、本会外部監事の伊佐治先生より、「鍼治療による精液所見の治療効果〜根拠に基づく男性不妊治療を確立するために」について聴講致しました。データから読み取れるものの解釈を学ぶことが出来、大きなお土産を持って帰ることが出来ました!

昼食時には、本会会長中村先生による「鍼灸院における精子観察の実際と全症例報告」を聴講しました。中村先生は、鍼灸院で精子観察をもされます。その貴重なデータと症例を発表されました。鍼灸院でのデータだけでなく、病院でのデータも織り交ぜた鍼灸効果に対して信憑性の高いデータ内容でした。


あっという間に午後の部に入り、午後からは外部より講師をお招きして学習しました。


最初は広島大学教授の島田昌之先生「精巣・精嚢腺と精子の酸化ストレス〜それぞれの誘導因子と妊孕力との関係」と題したお話でした。精子の動きのメカニズムや、その動きによる受精への影響など沢山の新しい知識を頂きました。


その後、健康科学研究所所長の井上正康先生から「はるかなる命の旅:現代の生殖医療と21世紀病の逆襲」と題したお話を頂きました。大腸菌を整える事、それが脳腸相関により身体の神経伝達系から自律神経、また免疫にも影響を及ぼします。身体の内部環境は、妊娠するためだけでなく胎児の内部環境においても大切です。
井上先生のご講演は、前週のレーザーリプロダクション学会でも聴講をし、復習出来た点もたくさんありました。



前述したように、今回は公開講座だったので一般鍼灸師もたくさんお見えになっているなか、鍼灸学校に通っていた時の仲間も来ていました。とても懐かしく、そして久々に元気な顔が見れてうれしかったです☆

春の京都散策が出来ず残念でしたが、うれしい再会もあったので足取り軽く帰りました♪

あとは、学びの復習にしばらく追い込まれそうです(笑)。今回も内容が濃かったので時間がかかりそうです。







4月に入ると、新元号も発表され、GWのことも考え…時間に追われる方も多いと思います。
桜も満開に向けまっしぐらです(笑)。
置いて行かれないように、でも身体の変化に耳を傾けることは怠らないようになさっていただきたいと思います。
特に春は草木の芽生える季節なので、エネルギーがみなぎっています。人間においても頑張りすぎる人が増えてしまう季節です…。




純はりきゅう院HP









純はり・きゅう院 | - | 21:55 | comments(0) | - | - | - |
1/74PAGES | >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH